Top

address
603-8223京都市北区紫野
東藤ノ森町11-1
tel/fax
075-432-8555
e-mail
info@kamisoe.com
open
11:00 - 18:00 月曜定休

ご質問等ございましたら、
メールにてご連絡下さいますよう
お願いいたします。
カテゴリ
→ news
→ shop
→ paper
→ inspiration
→ about us
→ contact
以前の記事
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
島根01
雲の出る国、出雲へ。
滞在4日ずっと曇り、雨でした。
神様が集まり、雲の上でミーティングをしているそうです。


私の父は温泉津生まれ、妻は出雲生まれで、島根は二人にとってふるさと。
両親の影響で小さな時から手に取り、使っていた物たちをどうにかうちの店舗にと思い、
窯元めぐりをしました。

初日、出西窯へ。
米蔵を改造した店舗は広く立派で、回りの景色と会い交わり興奮しっぱなしです。

a0130826_22242833.jpg


工房の空気、土の匂い、職人さんの表情、手仕事を近くで拝見する事が出来、
その物への愛着がさらに強くなります。

a0130826_22485384.jpg

a0130826_2254662.jpg


民芸、手仕事のよさと美的な価値を認めようというもの。
その土地の物を使い、作家色を消し、その物の美しさを最大限に出す。
物自体が主張しないその控え目さがたまりません。

a0130826_22495224.jpg


職人さんに案内され、登り窯も見せていただきました。

a0130826_22504844.jpg


その後、職人さん、企画の方と話をし、
「かみ添」で出西窯の器を取り扱わせていただくことになりました。
数は多くないですが、目で見て、手にとり、選んだ器が並びます。

突然の訪問にも丁寧にご対応くださった出西窯の皆様、
本当にありがとうございました。
[PR]
by kamisoe | 2009-07-30 23:22 | → news
かみ添店舗準備中 09
a0130826_1605237.jpg


雨の中外装塗装終わり、
本日朝一で、フィックスのガラスが入った。
イメージがガラリとかわった。
建具ガラスはまだ入っていないので、
全体像は未だ解らず。
雨が降すると、間口下部に雨がはね汚れる。
道路から直入口になると、一拍置けないので
テントをつけようか迷いちゅう。

明日から4日程京都をはなれます。
その間に作業台等完成予定。
[PR]
by kamisoe | 2009-07-27 16:06 | → news
かみ添店舗準備中 08
a0130826_2246495.jpg


雨の中、ペンキ屋さん、左官屋さんが外装仕上げ。
黒のオイルステンで木目を出すか、ペンキで黒の塊を作るか、
直前まで決定できず。
こういうことが多いので職人さんには迷惑かけます。
仕上げ当日朝に、見本を見て、ペンキに決める。
ペンキを塗って、木目の凹凸が解る程度にする。
今後、修正などで塗りたしていったら色の厚みが出て
いい感じになると思う。
なので間口は真っ黒。

黒の木とモルタルとタイルのファサード。
いいと思う。
[PR]
by kamisoe | 2009-07-26 22:53 | → news
かみ添店舗準備中 07
a0130826_037295.jpg


間口建具がはいる。
大きい建具で、滑りも良い。
左側は塗装が終わればガラスが入る。
建具も同じ。
まだ色が塗られていないので、
最終の表情がイメージでしかない。
正面左上のモルタルの壁、も建具と同じ黒になる予定。
黒の塊が前に出てくるような感じがする。
黒でも、濃度、質感で表情が異なるので、
この黒っ!って決めるのはなかなか難しいと思った。
[PR]
by kamisoe | 2009-07-26 00:42 | → news
かみ添店舗準備中 06
a0130826_1741796.jpg


奥トイレに続く土間。
水流し、土間を洗う。
店内掃除はある程度終わり、
後は外装。これでイメージ決まるなぁ。
[PR]
by kamisoe | 2009-07-24 17:50 | → news
かみ添店舗準備中 05
a0130826_19113421.jpg


照明がまだ入っていないので、
実際どれくらいの明るさになるのだろう。
アルミの建具から、ガラスの建具に変わるので
光の入り方が大きく変わるな。
日が入れば、紙も木も焼けるなぁ。
まだガラスが入っていないので想像だけではなかなか難しい。
[PR]
by kamisoe | 2009-07-23 19:18 | → news
かみ添店舗準備中 04
a0130826_2233316.jpg


あらゆる所に色々な建具が入っていて、面白いのだけど
そうとう汚れていて、掃除屋に入ってもらうのもなんなので、大工さんに洗ってもらう。
厳しい条件のなか色々とやってもらっています。
前職の関係で建具には相当気を使うし、いいものを入れたいとは思うけど
古い物の良さ、時間を感じる色、汚れ、傷、欠、溝、触感に勝るものはないなぁ。
ガラスの知識は全然ないけど、質素な質感のガラスには愛情がわきます。
色々やりたいが、なかなか難しい。
[PR]
by kamisoe | 2009-07-22 22:46 | → news
かみ添店舗準備中 03
a0130826_2034797.jpg

間口アルミ建具をとり、左側一間分ははめ殺しにし、ウンドウディスプレイに、
右側一間分は新調のガラス建具を入れる。
和室左側もともと土間から奥トイレに続く通路だったところを
壁をつくり通れなくなっていたので、壁をぶちぬき、コンクリを打って
元の土間に戻す。
外壁色、黒にと考えているが、ペンキにするかオイルステインにするか。
側面壁、黒のモルタルで整える。
板間床塗装完了。すでにある建具の焼けた焦げちゃの一番濃い所に合わせ
全体の色を決定する。
その場その場で決定してく、リフォーム
完成が楽しみ。
[PR]
by kamisoe | 2009-07-21 20:42 | → news
かみ添店舗準備中 02
a0130826_20331545.jpg

昭和初期の町屋。
以前は設計士の事務所、その前は散髪屋。
中は思っている以上にきれいで、そのまま使えそうな感じだったけど、
直し直しのコラージュ建築なので気になる所は山ほどあり、
予算の許す限り、自分たちのイメージを大工に伝える。
まず、3畳の畳を板間にかえ、土足で上がれるようにする。
板の入れ方も、ベニヤを1尺にカットし木目を変え市松に。
暗めの墨入りオイルステンで塗装よてい。
[PR]
by kamisoe | 2009-07-18 17:31 | → news
かみ添店舗準備中 01
a0130826_14551377.jpg

[PR]
by kamisoe | 2009-07-18 17:29 | → news