Top

address
603-8223京都市北区紫野
東藤ノ森町11-1
tel/fax
075-432-8555
e-mail
info@kamisoe.com
open
11:00 - 18:00 月曜定休

ご質問等ございましたら、
メールにてご連絡下さいますよう
お願いいたします。
カテゴリ
→ news
→ shop
→ paper
→ inspiration
→ about us
→ contact
以前の記事
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Izumo Folk Craft Museum
a0130826_1322178.jpg

出雲民藝館。
斐伊川和紙の障子。

a0130826_13221438.jpg

来待石の土間。

a0130826_1322850.jpg

力強い!
後退は違うと思うので、どう付き合うか。

山中俊治氏のブログ面白かった。
先へ進む時期なのでしょう。

前向きに後ろを向こうと思った。

kamisoe.com
[PR]
# by kamisoe | 2011-04-03 14:01 | → inspiration
京都みやげ
淡交社発行
京都みやげ一冊いかがどす?
「こんなもんアゲるえ」 の中でご紹介頂いています。

個人的には「こんな人いたえ」の中の
シモーヌ深雪 @ METRO の話がとても面白かったです。

kamisoe.com
[PR]
# by kamisoe | 2011-04-01 23:51 | → news
雲母
a0130826_1885569.jpg

(写真:斉藤さだむ)

電気のない時代

朝の光(朝日)
昼の光
夕の灯(夕日)
夜の灯(月明)
と、揺らぐ灯(蝋燭)

襖に雲母摺りの唐紙を張り
時間ともに変化する「灯り」を室内に取り込み
時間と空間そのものを楽しんでいた事でしょう。
移り行く雲母の表情を見ながら、お茶を飲んだり、話をしたり。

変わらぬ光量で燦々と照らされて
屋内に居れば時計を見ないと何時なのか解らない今、
こういう時だから小さな灯りでいかに空間を楽しむか。
「かみ添」の仕事はその1つの答えだと思います。

節電=我慢ではなく、
陰影を楽しめばいい。

kamisoe.com
[PR]
# by kamisoe | 2011-04-01 18:23 | → paper
二藍
a0130826_1545477.jpg


二藍。藍色の下地に藍色と紅色を混ぜた(紅色強め)の絵の具で薄化粧。
お客様の注文で染めた「菖蒲色」(あやめ)

墨の入った金がはえます。

kamisoe.com
[PR]
# by kamisoe | 2011-03-30 16:13 | → paper
京菓子の世界
a0130826_15493798.jpg


世界文化社発行
家庭画報特別編集
菓子司・末富 京菓子の世界

表紙、裏表紙と各章の扉に「かみ添」の紙をご使用下さいました。

素晴らしい機会を下さった編集者様、カメラマンさん、
ありがとうございます。

kamisoe.com
[PR]
# by kamisoe | 2011-03-26 18:08 | → news